カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

自分が可愛い。

今朝は午前3時ごろ目が覚めた。早くにクロックムッシュとプチトマトを食べて、うとうとと二度寝してからいつもの薬を定刻より遅れて飲んだので、余計に頭痛が酷くなった。
それと言うのも、早朝にネットサーフィンしていてとんでもない記事を見つけたからだ。

曰く、子どもをどうしてもはたいてしまいます。母が私をぶっていたように虐待はしたくないんですけれども、やめられなくて困っています云々と言う相談に、なんと自称カウンセラーが、

「それはどんどん叩いていいんです。あなたのお子さんはあなたに叩かれるために生まれてきたんですよ。あなたは親の業を背負ってしまっただけで、何にも悪くありませんし、お子さんはお子さんで大きくなったら、また私の様なカウンセラーを見つけますから大丈夫です!」と言うのだ。

私的には、これはトンデモ理論であるが、しかしながらふと思ったのは、世の中の人と言うのはおおかたこの程度の覚悟で生きていて、自分が一番可愛いんじゃあないかと言うことだ。

私はかなり自分がいやになった。と言うか今までの努力が馬鹿々々しくなった。

人と言うのは、自分に都合の良い論理をこさえて生きている。私一人が、嫌あな両親や、卑劣ないじめをする人様の都合ばかりを、自分の世話も放棄して考えているのは、大損以外の何物でもない。

世の中には、犯罪をおかしておいて責任を取る気もない人が大半なのだ。

私だって自分が可愛い。多少、他人が傷ついたって自分の聲を上げて何か悪い事でもあるんだろうか。

 


森高千里 『ザ・ミーハー』 (PV)