カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

これっきりバイバイ。

今日、ようやく私に酷いことばかりする若いマッチョなイケメンとお別れした。ほっとした。気づいたのは、その人はどうもどんなに酷いことをしても、私はその人を捨てないばかりか、いつまでもいつまでも見守っていると勘違いしていたらしいのだ。

考えてみると、家の父がそうだった。父はいわゆるイケメンで細マッチョで、私に酷い暴言ばかり吐くのに、私がいつまでも世話しているから図に乗っていた。帰りの電車にゴトゴト揺られながら、私は父の嘘ばっかりの自慢話を、馬鹿みたいに真に受けて来たことにようやっと気づいた。

私は本当の本当は、自分がイケメンだと言うことを自慢する男性も、マッチョで乱暴な男性も大嫌いだったのだ。

 


森高千里 『これっきりバイバイ』 【セルフカヴァー】