カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

自分を愛すること。

昨日は、SNSで自分の悪口が書いてあるのを見て、
悲しくなって半泣きで眠ってしまった。
どうして私は嫌われるんだろうかと、初めて自分から真面目に考えてみた。
私はこれまで、両親や世間への恨みつらみで凝り固まっていた。
今でも、その事ばかり考えて後ろ向きになってしまうことはある。
でも、気が付いたら自分に残された時間はだいぶ少なくなっていた。
自分の不幸に浸っていても仕方ないと思った。
これまでのことは忘れて、前向きに生きてゆきたい。
で、ないと自分自身が惨めで可哀想すぎる。
私は自分の時間とエネルギーを出来るだけもう過去を思い出すのではなく、自分が生き生きすることのために使うことに決めた。

 

 


やさしさに包まれたなら - 荒井由実(松任谷由実)