カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

鎧。

今回のドタバタを乗り越えて、つくづく実感したことは、
世の中は理想だけでは廻っていないと言う事だ。素直に何でも知らない人に打ち明けるのはただの甘えであり、愚かな選択でもある。
どうにも理不尽な要求を突き付けられても、金があり、それなりの地位がありそうな恰好をして、
沈黙してでかい態度を取っていれば大概の人は引いて大人しくなる。
パンクな服装は家の中だけで楽しめば良いのだ!
私は、BFがわざわざ買ってくれたスクエアで高価な服と時計と
ダイアモンドをクローゼットから再び取り出して、
いざという時の戦闘準備に備えることにした。馬鹿正直は損を見る。
人は見掛けが九割である。

 


森高千里 『はだかにはならない』 【セルフカヴァー】