カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

生活。

さっき、昼食を済ませて家計簿をつけた。
洗濯物が翻っているのを見ながら、ソファで少し仮眠した。
私は今まで、現実的なこと、自分の世話をして来なかった。
そういう必要性からは逃げて来た。
というよりも、そうしないと真の芸術活動はできないと思っていたし、
実際私は、社会的な人生をすり潰すことで、文筆業の結果を出して来た。
でも、今気づいたのは私は体を動かすことが好きだ。
規則正しい生活をすることが気に入りはじめている。
私は生きて生活することを始めた。

 


森高千里 『ララ サンシャイン』 【セルフカヴァー】