カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

青空は最高に希釈された夜空だ。

私は、相当に物分かりのわるい人だった。

幼い頃から、母は「あんたは要らない子だった」とはっきり言っていたし、父も私には無関心だった。

どうして、そういう事実を素直に受け止めて、ストレートに泣いて、「この人たちはただ利用すればいいんだ」と、割り切れなかったのだろうか。

どこかで、「この人たちは可哀相だし、だから少しは愛して助ける’ふり’だけでもしてあげなければ」と思い込んでいたが、 現実には、父母は優等生の私がいることで、世間体も満足して十二分に幸せだったのだ。

どうも、そういう幼少期が根本にあるせいか、私は基本的に人間があまり好きではないのだと、すとんと腑に落ちた。

もともと私は、学生時代からインダストリアル・デザイナーになるのが夢だった。

父母が、勉強のできない私をあまりにも馬鹿にするので、一流大学に拘ったばかりに落ちて鬱になったが、 最初から美術系のちゃんとした高校に行っていれば、それなりのものになって、夢だったディンクス生活も出来ていたかも知れない。

とにかく、私は無機物、鉱物が好きで、植物はその次で、動物とか人間は苦手なのだ。

ついでに言うと、概念や宗教も嫌いだ。

回復途上で、最初に出会ったソーシャルワーカーが、神さま神さまとしきりに言うので、叩き込まれたお題目を三唱していたが、 現実には、全ての人なんか愛せない。

縁を切った方がいい人も、三倍返しした方がいい人も世の中には五万といる。

そんなものよりも、ずうっと天文台で星を見るのが中学時代の夢だった。

最果タヒは、「夜空は最高密度の青空だ」と詠ったが、私は敢えて言おう。 「青空は最高に希釈された夜空だ」と。

 


椎名林檎 - 青春の瞬き