カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

ありがとう。

今日、合評会に行って帰って来て気づいたこと。
父は本当に齢を取っているのだ。
このマンションまでやって来るのも、崖のへりの道を歩くような辛さを乗り越えて、歩いているのだ。...
そして世間知らずの私を必死に応援している。
詩集の事にしても、自分ひとりの力で成したことではなかった。
いろんな先生たちや、仲間の助言や励ましで、
険しい一歩一歩を踏みしめることができて、
ようやく成し遂げられたことだったのだ。
私はけしてひとりぼっちではなかった。
かけがえのないみんなへ、心よりありがとうございます。


ありがとう - いきものがかり