カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

歩き出す。

父親から独立するとは、何も完璧に自立して仕事をしたり、
親の介護を一生懸命する事ではなかった。
私には、父の意志とは別個の人生があり、
それに向かって全力で努力して構わないと気づくことだった。
私の前には、自由な道が開けている。


柴咲コウ 月のしずく

広告を非表示にする