カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

大人になる。

ある時、世界には自分以外にも人間がいて、
私とは全く違った苦しみではあるけれども、
自分と同じく、さまざまに痛みを抱えていると体で実感してから、
私は、少なくとも今までと同じような詩は、
一行たりとも書けなくなった。
自分だけが不幸だと言うのは、大いなる思い上がりだった。


椎名林檎 - ありきたりな女