カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

ザ・現代日本小説。

「コンビニ人間」を再再読して、いささか真面目な感想を書く。

これは、本当に現代に稀な「ザ・小説」だと思うのだが、
第一に、まず文章が非常にわかりやすく、かつ自己陶酔的に実験的なところが少しもない。
(注・ネタバレになるが、店員のトゥアン君とから揚げ棒を持って走り回るくだりで私は本当にゲラゲラ笑ってしまった。)

第二に、つくづく思ったが、小説の役割と言うのは、
人間の生きる高潔さを述べることでもなく、世界平和を熱く語る事でもなく、
恋愛の豊饒さを愉しむことでもなく、少数民族の幸せをひたすらに守ろうとすることでもなく、
もっともっと、現代日本社会と言うものをおおっている奇妙な薄気味悪さのようなものを、
乾いた笑いで吹き飛ばすことなのではないかと思った。

主人公が、赤ん坊を泣き止ませるだけならば簡単なのに、というくだりで拒否反応を示している方がかなりいるが、
じゃあそういう方々は相模原殺傷事件を本当に悲しいと思っているのか。
あるある女子会を、当たり前の風景だと不平不満を言っている方も多いけれども、
私くらいの年齢になると、ザ・女子会その後の姿のグロテスクさも見えてくるわけで、
(要するに、子育てが終わって介護に入り、夫婦の愛もそろそろ冷めてきたよと言う家族の醜さみたいなものである訳だが、)
年を重ねるにつれて、きっとこの人はそういう世界に対しますますご健筆をふるって下さると思うのである。

第三に、ここが一番重要なのかもわからないが、
書かれている風景が、現代日本人にとって極めて当たり前の世界である。
しかし、そこにある主人公の視点や言動、行動は少しも世間的に当たり前でない。一種の宇宙人のようですらある。
しかしながら、コンビニと言う小世界と、主人公の聴覚がきちんと描写されているから、
そこに言うに言われぬ説得力がある。

村田沙耶香さんという、ここに本格的にデビューされた作家にエールを送りたい。

 

miku-hayama.hatenablog.com