カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

絶対零度。

どんなに情が深いひとが、
自然体で尽くし続けても、
相手の態度によっては、
ある時愛情が底をつくことはある。
それは、靴の底がすり減ってゆくようなもので、
かかとがなくなる前に、
相手が気づいて修繕しない限り、