読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

作家と作品の関係。

ちょっとばかし真面目な話。

自分の詩が不評だった場合、やっぱり私は、それなりに影で凹んだりはする。

しかし、「凹んだから謝ってよ!」と言った瞬間、自分の作家(そんな大層なもんでもないが、)の尊厳は丸潰れであると私は思う。

何故ならば、発表した段階で、作品と言うのはもう、私の所有物では無いワケである。

逆に言えば、「不評」と言うのも一つの立派な反応であり、

それに対して、あれこれ騒ぎ立てる程みっともないことはない。

当たり前過ぎるほど当たり前のことであるけれども、一応備忘録として記して置く。

 


森昌子 そんなヒロシに騙されて・84/3 Masako Mori