読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

男のエゴイズム。

最近(に限らないか、)いろいろ「いばや通信」に文句をつけているのは、たぶん私が女性であるからだと思う。

とある友人は、「世の中にいるのは男と女ではなく、自分と他人である」と言いました。オーライ。でも、やっぱりちょっと違うんです。

体の構造も違えば、社会的な立場も全く違う。

「いばや通信」、真面目に書くと正論として「そうだなぁ」と納得する面はいっぱいあります。

あるんだけれども。

坂爪圭吾さんのお書きになっていることは、ご本人は「哲学」とおっしゃっているけれども、私から見るとやっぱりかなりの程度に「宗教的」です。・・・そして、「宗教」って言語化されたもので、それはものすごく男性的なものです。

たぶん、こういうものを書く人は、現実には自分の主張を身体化している女性を、パートナーに選ばないと思う。もっと、自分を立ててくれて甘えてくれる女性を選ぶと、私は勝手に思います。・・・そしてこれは、坂爪氏に限らず、全ての文章で「俺の生き方」を主張する男性がついている嘘でもあります。

知的な男は、動物的な女性を好みます。99%の確率で。