カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

犀のように歩め。

今日は、玄関マットを洗って、シーツを綿のパイル地に取り替えて、パジャマも春物にした。
本当は、昨日いじめられて、落ち込んでグズグズ泣いていた。
でも、父がいつか言った。「犀のように歩め」と。
犀には真っ直ぐな角がある。
その方向が指し示すようにゆっくり進んで行け、という意味だ。...
私は馬鹿だし、すぐに物事を自分の都合のいいように思い込む。
でも、一歩一歩確かに回復しているつもりなのだ。
誰しも、出会った人が与えてくれるものは絶対にある。
人に期待せずに感謝をしながら生きて行こう。