読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

自分の気持ちの解放。

それにしても。
長い間、私には自分の気持ちと言うものがなかった。いや、実際には本当の気持ちが、心の奥底に眠っていたのだろう。
私は、幼い頃から家族の精神的な父親役をして生きて来た。
父親が、自分の感情を前面に出して人を叱ったり、正しくある前に感情的であっては、その役目は務まらない。
だから、私には他人の気持ちに共感する力が弱かったと思う。...
でも、今もう私は家族から自由なのだ。
自分の気持ちを正直にあらわして行動しても構わないのだ。
というか、それをしないとかえって周りの迷惑になる。
私は私自身の気持ちに正直であるべきだ。
そろそろ解放されていいのだと私は思った。