カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

門松は冥土の旅の一里塚。

今日は一日中元気が出なかった。
夕方になって、父親が来たので、慌てて茶そばを茹でて天ぷら蕎麦を作った。
人生と言うのは、格好良いことばかりでは決してなく、
むしろ転んだり騙されたり、勘違いしたり蹴躓いたり、早とちりしたりみっともない失敗の繰り返しだ。
そう言う経験を経て人は成長して行く。正確には老いてゆく。...
昔の人は、面白いことを詠んだ。「門松は冥土の旅の一里塚」と。