読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

理解する。対等である。

男と女がお互いに理解し合えたという錯覚が続いている間、恋愛という状態は継続する。

しかし、本当に二人の人間がずっと一緒にいるために必要なのは、実は互いに全てを理解することではない。それは無理だ。

「ここは理解できないなぁ」という相手のアキレス腱をよく知って、そこをつつかないようにすることだ。

もうひとつ。

お互いに対等である必要も実はない。けれども、両方が自分の足で立っていることは絶対に必要だ。