カフェみくみく

まったりと生きる。時には忙しく時にはのんびりと。家事が好き書くことが好き。

誰のせいでもなく。

私は、タオベリーを習い始めて本当に楽になった。・・・それまで、私はおそらく頑張り過ぎていた。だから、筋肉がつらくてつらくて悲鳴を上げていて、いつも誰かを責めていたように思う。

実際には。

特に、私のまわりの父親なり、母親なり、弟なり家族や、付き合った過去の男性や友人が悪かったり、間違っていたわけでもなかった。ただ、私自身が自分を苦しめていたから、当然のように周囲も私のことをぞんざいに扱っていたのだ。

誰のせいでもなく、私自身がわたしを虐めていたのだ。

感情は、筋肉にたまってゆくと私は教わった。骨を自由にすると、私のインナーチャイルドも自由になり、とても楽になった。

私は今ようやくとても幸せだ。

 


EPO 私について